風水の知識〜龍穴(エネルギースポット)

「エネルギーの源はヒマラヤ山脈に隣接するコンロン山脈だ!」
とされています。
龍(エネルギー)はここから龍脈(エネルギーライン)を通りエネルギーが凝縮された龍穴へとやってくるそうです。


龍穴はどこって?
これが四神相応の土地。
20070126-ryuketsu[1].JPG
中国と日本では少し運用が違うようで中国の場合は、背後に山、前方に湖沼、河川の水、左右から砂(さ)と呼ばれる丘陵もしくは背後の山よりも低い山で囲む風を蓄え水を集める形態をいうようです。この場合の四神(四方位を司る神獣)は、背後の山が玄武で北、前方の水が朱雀で南、玄武を背にして左側の砂が青龍で東、右側が白虎で西、だとか。
(日本の場合はコチラ)

ちなみに龍穴には、良質の水(泉、池、等)があり、木々が繁り、大樹が存在する場合が多いとも言われているようです。

龍脈は山脈の尾根づたいに流れているそうで、龍脈から穴に入る直前の山を「父母山」と呼び、「玄武(げんぶ)」と言う亀に似た神獣にたとえられているようです。

つまり、エネルギーは北の山からやって来る。。。。。。とな?

現代版で言うと、北に中高層ビル、左右に低層ビル、南に川・湖・海の立地は龍穴!?ということでしょうか。
神戸あたりでありそうですね〜、こんな土地。

Comments are closed.